--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2011/06/25.Sat

ヤマボウシを植えました

念願のヤマボウシを植えたくて何日もかかって庭に穴を掘りました。

砂利がギッシリ詰まった粘土な土なので、スコップが入らずツルハシで…。
(表面は、砂利だらけの赤土で覆われている)

この土地は以前、個人の医院が建っていて、その建設時には数百メートル先まで砂利を積んだダンプカーが列をなして、それはそれは念入りに地盤を固めたんだそうです。
そのダンプカーの行列をご近所さんは覚えていらして、何人もの方に「ここは院長が自慢するほど頑丈に地盤を固めていたから、いくら掘っても木は植えられないと思うよ」と言われました。

掘っても掘っても、水がはけない状態。
穴のない植木鉢に木を植えるようなものだもの、ホントに途方にくれました。
一度は諦めそうになりましたが、緑化センターの方に相談したら、あと40cmくらい横に広げて、20cm深く掘ってみたらどうかと言われました。
それで水が浸透するようにならなかったら、2m四方くらいの土をごっそり入れ替えるしかないね…って言われ、死に物狂いに掘って掘って掘って…。

ヤマボウシ1
これ、掘り途中の写真。
子どももすっぽり!

ヤマボウシ2
さらに掘って掘って、掘りました。
(娘ではなく、私一人で全部やったのよ~!!!と叫んでみる)

ヤマボウシ3
玄関前には土の山。
締まった土を掘っているから、空気を含んで掘った以上に多く感じる量の土。
我が市で残土処分するには、土嚢袋1つ分で2100円だと言われました…(T-T)

ヤマボウシ5
ここまで掘って、やっと水がひいていくようになりました!
20分とかからず、深さ20cmくらいの水がなくなるのよ。
この、水がぐいぐい吸収される様を見た時は、嬉しくって嬉しくって涙が出るほどでした!


ヤマボウシ6
で、いきなり植えた後の写真。
必死すぎて写真を撮り忘れました…(^^;)

妹に土を買いに行くのを手伝ってもらって、何回もお店を往復しました。
入れても入れてもグイグイ土を飲み込んでいく、ブラックホールみたいな穴。
買っても買っても足りなくて、ビックリ&私ってばよくここまで掘ったな~!と。


ヤマボウシ7
株立ちのヤマボウシ。
と言っても、純粋は株立ちではなくて、複数の株を寄せ集めて仕立てたものです。
根鉢込みで2mくらいなので、植えるとなかなかに小さくて頼りな~い感じ。

ヤマボウシ10
高植えにしてあるので、土を盛ってます。
で、株元が少し窪んでいるので、例えるならカルデラみたいな感じにしてあります。
ここまで高植えじゃなくてもいいかもしれないのだけど、水はけが心配だったもので…(^^;)

ヤマボウシ10-1
木は植えたけど、相変わらず土は玄関前に盛られたまま…。
植樹完了したのが4月30日。
この状態のまま、6月17日まで残土を玄関前に放置していました~。


ヤマボウシ11
ちなみに、5月1日に支柱を立てました。
半年から1年くらいは支柱をしたままにして、もう少し育ったら外してあげたいと思います。
この竹2mくらいあるのだけど、強風の中自転車で買いに行きました。
大変だったけど、支柱をしたら木が全然揺れなくなったので安心です♪

どうか根腐れを起こしませんように。
大きく、大きくなりますように…。
(次の日記で、現在のヤマボウシの姿もチラッと写ります~ちょっと大きくなってるのよ♪)


web拍手
植物のこと・庭のこと | Comments(0)
2011/06/21.Tue

水漏れ!

ある日、台所の床に突然、大量の水が溢れてきました。
この時は、夫と子ども達がお風呂に入った後でした。
(ちなみに、うちのお風呂は台所の真上)

もう一回再現されたら工務店さんに連絡するつもりでいると、二週間後にまた大量の水漏れがありました。
これが2月20日のこと。
(この時も、直前は夫と子ども達がお風呂に入っていた)

SH380068.jpg

SH380069.jpg

SH380070.jpg

こんな感じで、今まさに水が広がってきているところに遭遇。
ちょっと怖い光景でした。
その夜のうちにメールをしておくと、次の日には連絡が来て、すぐに見に来てくださいました。
水漏れなどは、水が乾いてしまう前に見ないと原因が究明しにくいとのこと。
本当に頼りになります。


2月21日、お風呂のメーカー(タカラスタンダード)さんの方3人と諸井工務店の勘禄さんが原因を探してくださいました。

水漏れ1
台所の天井に穴を開け、中の様子をチェック。

水漏れ2
横に渡してある木で水はせき止められていて、その木から壁までに水がたまっていたようです。
水がたまっていた部分の天井の石膏ボードはとてももろくなっていて、内側はカビが生えていました。

水漏れ3
境目の石膏ボード。
こんな感じに、くっきり、水の境目が分かる感じでした。
(外す時に、カビが生えていた部分は壊れてしまい、濡れていなかった部分はしっかりしている)

水漏れ4
お風呂もエプロン部分が外され、あられもない姿に…(^^;)
建築中以外で、この状態のお風呂を見られるのは貴重かも~なんて思えるほど、あっちもこっちも外され念入りに調べてくださっています。


結局、お風呂のシャワー部分の下にある点検口のパッキンが薄かったため、そこから水が漏れていました。
台所天井裏に水がたまり、ある一定の量までたまると堰を切ったように水が流れ出した…と。
写真を撮り忘れており、説明がしにくいのですけど。
過去2回水が漏れたのは、珍しく夫が子どもをお風呂にいれ、点検口の部分に勢いよくお湯をかけたからではないか?とのことでした。
いつもは私がいれているのですが、きっと私の時より激しくお湯を出しているのでしょうね(笑)
今までもちょこちょこ水は漏れていたのかもしれませんが、溢れる前に乾いてしまったのかな。


その後、パッキンを分厚いものに交換ししばらく様子見。
夫が子ども達をお風呂にいれても水は漏れないし、あえて点検口の部分にお湯をかけても漏れません。

これで晴れて、水漏れが部品の不良のためであることが確定しました。
ここからは、工務店さんとタカラスタンダードさんで、水漏れの後処理のための工事の話合いをしてくださいました。


そして、6月11日、12日の二日間で、腐った部分の天井を全てはがし張替え。
天井点検口の部分はきちんと補強され、取り付けられました。
壁の内部は、壁紙も石膏ボードも剥がして確認してくださり(カビなど一切ありませんでした)、新たにボードを張り、壁紙も張り替えていただきました。

水漏れ5
壁は白くなり、天井もキレイにしていただきました♪
パッと見、継ぎ目なんて分からないほどですよ。
(どこだか知っているから、分かりますけど)



家は少しずつ古くなります。
きっと今後も何かトラブルが発生するかもしれません。
また、人間の作るものだから、絶対とかは無いんだと思っています。
だからこそ、その後のフォローをしっかりしてくれるかどうかが、信頼できるかどうかが、建築会社選びの要なのかもしれないな…と思います。

だって問題が起これば、忙しい中でも駆けつけてくださいますから。
相談に乗ってもらえる安心感がありますから。
この迅速な対応がありがたいのです。

建てて終わり…じゃないんだなぁ。

これが、諸井工務店さんの魅力の1つだと思います。

web拍手
トイレ・バス・洗面 | Comments(0)
2011/04/18.Mon

新たな一歩

この春

入学
娘は小学校の1年生になり

入園
息子は幼稚園の年少さんになりました

 

桜満開の中迎えた入園式と入学式。
新たな一歩を踏み出して、きっとこれから子ども達の世界はさらに広がることでしょう。
たくさんの良い出会いが待っていますように…。
おめでとう!

web拍手
日々のこと | Comments(4)
2011/04/07.Thu

それでも春は訪れる

2011年3月11日、東日本大震災発生。
私の友人も被害の大きな地に住んでおり、10日間連絡が取れませんでした。
幸い無事を確認できましたが、多くの大切な命が失われた事実は変わりません。

今もなお苦しんでいる方、悲しみにくれている方、不安や恐怖を感じている方々に一日も早く心の平安が訪れますようお祈りしております。
そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。


地震のこと津波のこと、そして原発のこと、見たり聞いたり調べたりしました。
たくさんたくさん。
思うことはいろいろあります。
でも今は言葉にすると誰かを傷つけてしまうかもしれないので、ここでは秘めておきます。

自分に出来ることは何かも考えました。
募金、節電、後は?
できることの少なさに、遠く無力な自分を思うと切なくて泣けてきます。
でも1つ、改めて気がついたことがあります。
私たちは「つながっている」と言うこと。
今、援助活動をしている企業や政府は、収入がなくなれば援助を続けることが難しくなるでしょう。
元気な私たちがしっかり地に足をつけて生活をすることで、経済がまわり、それが企業を国を元気にしていき、やがてその元気が被災地へも届くかもしれない。。
一人ひとりが、今この時代を生きている人々とつながっているのですね。
そしてそれは今を生きる人だけでなく、過去に生きていた人とも、これから生まれてくる命ともつながっている・・・。
過去は変えられないけれど、未来はこれから作るのだから…。
子ども達に、そのまた子ども達に、そのまた子供たちに、ずっと先の未来へも、安心して暮らせる環境を残してあげたいです。

========================================================================

余震が続く中、娘の幼稚園で卒園式がありました。
謝恩会は中止になり、体育館の壁が一部崩落してしまったので、園舎の中でささやかな式となりました。

いよいよ今週末、息子が幼稚園へ入園。
来週には娘が小学校へ入学です。

春は今年も訪れます。
感謝しながら、一歩一歩、進んでいきたいと思います。
>>続きを読む


web拍手
つぶやき | Comments(4)
2011/02/02.Wed

いつか庭に植えたいけれど…

長持ちな切り花さん
1月14日に夫からプレゼントしてもらった花束の一部。
2週間以上にもなるのにまだまだ綺麗に咲いています♪

庭に植えられたらいいなぁと思っているのが、この花束の中の白い小さな花。
花の大きさは、直径が1.5cmくらいでキュートなサイズ感です。
名前が分からないので、庭に植えられるような花なのかも知りようがないのですが、いつか苗などに出会えたらいいなぁ。
 

暖かくなる頃には庭に着手したい!
でも数年計画でゆっくり進めていくつもり。
きっと、やりながらどんどん作りたい庭の形も変わっていくような気がするから。

 
私が、いつか庭に迎えたいな…って思う花は、白い花が多いです。
(上の写真の赤い千日紅も何気に可愛いなぁと思うのだけど!)
どんな庭になるかな。
全くの未知数の庭づくり、ある意味、私も楽しみです(*^-^*)
数年後に眺める景色は、色とりどりな庭だったりして!(笑)

緑のいっぱいある庭にしたいなあ!



:: 追記 ::
白い花の葉っぱ
白い花の葉っぱはこんな感じです。

キルフェボンさん、ヒントをありがとうございます~!
ホント、カモミールに良く似ていますねー!!!
細っこくて頼りない雰囲気がすごく可愛いんです♪
でも、葉っぱはキクっぽい…。
カモミールやノースポールなどのキーワードを入れていろいろ検索してみました。
もしかしたら『マトリカリア(シングルベグモ)』ではないかなー?と思っています♪
植物の名前をあまり知らないので、とっかかりになりました!
本当にありがとうございますー(^-^)ノ
あぁ完全に私信になってしまいました。すみません。


web拍手
妄想・構想 | Comments(4)
2011/01/26.Wed

玄関の土間

玄関土間
玄関の土間がね、きったないです(--;)
水とデッキブラシで磨いてもキレイになりませんでした。
白く塗装してもらったので汚れやすい事は覚悟の上でしたが、こんなにもキレイにならないとは!

しかも冬はこの土間がかなり寒いー。
我が家は玄関とリビングに仕切りがないので、これも想定内であります。
が!
い~いこと思いついちゃったのです♪むふふー

鉄サビなめらか
↑コレね、WOODPROさんの『杉足場板(芯古材)シリーズ [T-5C-180-鉄サビなめらか]』です。
古い足場板を5mm厚にスライスした、真ん中部分(表面に出ていない部分のこと)なの。
これをね、土間に敷き詰めたらどうかなぁーと思いまして。
(問題は、これを敷き詰めちゃうと土間の物入れの戸が開かなくなっちゃうことかな)


鉄サビなめらか、BRIWAXジャコビーン塗装仕上げ
でね、BRIWAX(ジャコビーン)塗装仕上げにするのはどうかしら?と。
玄関内に子どもの自転車を入れているのだけど、白い土間にタイヤ跡がいっぱい。
この色の塗装なら目立たなくなるし、何よりすごい渋い色でたまらないっ♪
使ってみたいー使ってみたいー。


BRIWAXのジャコビーン、使ってみたいの。
テレビ台をいつか作ってジャコビーンで塗装したいな~なんて妄想しています。
渋い色のテレビ台…いいよねえ♪
で、引き出しには渋い取っ手つけちゃったりしてさ~。
で、テレビをカーテンで隠せるようにしちゃってさ~。
で、上に季節の小物や植物を飾るんだよ~。
あ~~~んっ!(って、もだえるくらいなら早く作ればいいのにね…笑)

まだ妄想の段階なのだけど、すっごく考えるの楽しいです。
その前に庭をなんとかしろよ!なワケですが…(^^;)


※板の写真はWOODPROさんよりお借りしました…

web拍手
妄想・構想 | Comments(2)
2011/01/23.Sun

ロールスクリーン取り付け

階段にロールスクリーン
小さな吹き抜けの大きなFIX窓にロールスクリーンを取り付けました。

階段の上にあるので職場から大きなはしごを借りてきてくれて、高所で…しかも変な体勢になりながら夫ががんばって取り付けてくれたのです。
これで夏の西日も防げるかなー♪


巻き上げた状態
巻き上げるとこんな感じ。

ビスを打ったら窓枠にヒビが入ってしまったので、いつか落ちてこないか心配です…(^^;)
でもちゃんと水平に取り付けられたようで、動作はとてもスムーズなんですよ♪


しましま柄
ロールスクリーンは、ニチベイのソフィ(N4210)です。
サイズは、W170cm、H165cmでオーダーしました。
窓より長めになっています。
旧カタログの製品で特別価格なため、価格は13,800円!
我ながら、いい買い物したな~と満足(^^)v


アルファベットのレース♪
階段下の窓にあったアルファベットレースは、階段上に移動しました。
ロールスクリーンとアルファベットレースの優しい色や雰囲気が合うなぁと思ったので…。
この窓のカーテンはずっと悩んでいたのよね…。
だから試しに並べてみた時は思わず、「いい!」と心でガッツポーズしたくらい♪
階段を上り下りする度に、そして吹き抜けを見上げる度に、いい気分です(^-^)


階段、下の窓
下の窓には代わりに、ローンのスカラップレース生地でカーテンを作りました。
慎重に作ったのに、ひん曲がってしまってガッカリよ…。
↑作り直す気はない(^^;)

スカラップレース
このスカラップレース生地もかなりお気に入りなのです♪

web拍手
階段・廊下 | Comments(2)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。