--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2011/04/07.Thu

それでも春は訪れる

2011年3月11日、東日本大震災発生。
私の友人も被害の大きな地に住んでおり、10日間連絡が取れませんでした。
幸い無事を確認できましたが、多くの大切な命が失われた事実は変わりません。

今もなお苦しんでいる方、悲しみにくれている方、不安や恐怖を感じている方々に一日も早く心の平安が訪れますようお祈りしております。
そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。


地震のこと津波のこと、そして原発のこと、見たり聞いたり調べたりしました。
たくさんたくさん。
思うことはいろいろあります。
でも今は言葉にすると誰かを傷つけてしまうかもしれないので、ここでは秘めておきます。

自分に出来ることは何かも考えました。
募金、節電、後は?
できることの少なさに、遠く無力な自分を思うと切なくて泣けてきます。
でも1つ、改めて気がついたことがあります。
私たちは「つながっている」と言うこと。
今、援助活動をしている企業や政府は、収入がなくなれば援助を続けることが難しくなるでしょう。
元気な私たちがしっかり地に足をつけて生活をすることで、経済がまわり、それが企業を国を元気にしていき、やがてその元気が被災地へも届くかもしれない。。
一人ひとりが、今この時代を生きている人々とつながっているのですね。
そしてそれは今を生きる人だけでなく、過去に生きていた人とも、これから生まれてくる命ともつながっている・・・。
過去は変えられないけれど、未来はこれから作るのだから…。
子ども達に、そのまた子ども達に、そのまた子供たちに、ずっと先の未来へも、安心して暮らせる環境を残してあげたいです。

========================================================================

余震が続く中、娘の幼稚園で卒園式がありました。
謝恩会は中止になり、体育館の壁が一部崩落してしまったので、園舎の中でささやかな式となりました。

いよいよ今週末、息子が幼稚園へ入園。
来週には娘が小学校へ入学です。

春は今年も訪れます。
感謝しながら、一歩一歩、進んでいきたいと思います。

web拍手
 
入園・入学の準備、思った以上にやることがあるものですね。

手作りの袋物もあれこれあって、12品を新規で縫いました。
その他にもちょこちょこ作ったり、縫い付けたり。
算数セットの名前付けで挫折しかけたり…(^^;)


一部ですが、作ったものを記録。自己満足です!

お弁当箱
四角いアルミのお弁当箱に、消しゴムはんこで作った『215』のスタンプを押しました。
215は息子の誕生日。
数字とアルファベットが好きな彼のトレードマークになればいいな・・・と。

お弁当箱入れ
お弁当箱入れ。
お弁当は毎週金曜日だけです。
息子のメインの布はブラックウォッチですが、お昼関係のみ黒いチェック柄になりました。
黒のチェックは娘のお気に入り布なんです(^^)

コップ袋&給食袋
娘と息子、お揃いの給食袋(息子のはコップ袋)
両側から紐を引くので、左右で紐の色を変えました。
3歳なりたての息子に分かりやすいかな。

かごバッグのカバー
幼稚園指定のかごバッグにはカバーを作りました。
縫い付けちゃったので、洗えないのが難点(>_<)

手提げ袋1
手提げ袋は綿麻の無地、内側にブラックウォッチ。
名前は紐でぶら下げました。
卒園したら私が使おうって魂胆です(笑)
(自分が作ったもの中で、一番のお気に入りなの♪)

手提げ袋2
ワンポイントに布用クレヨンで『215』を描きました。
字体は消しゴムはんこと同じです♪

ハーモニカ袋
ハーモニカ袋。
他にピアニカ入れ、着替え袋、ワークブック入れ、娘の体操着入れなど作りました。


いやはや、縫った縫った。
幼稚園でも小学校でも親は一緒に居てあげられないから、母がしてあげられる、ささやかなこと。
2人とも、応援しているよ!
良い出会いがたくさんありますように…。


入園・入学式は桜が満開だといいなあ。
スポンサーサイト
つぶやき | Comments(4)
Comment
No title
しばらく更新がなかったので心配していました。
色々な思いをしながら入園・入学の準備にも追われる日々だったのですね。
今回の震災、私の住んでいるところは全く被害もなく、余震におびえることもなく、いつもと変わらない生活ができます。だから、余計にこの震災が本当に日本でおきたことなのかと未だに信じられないこともあります。
そして、こんな普通の生活をしていて良いのだろうか…とも思ってしまいます。しかも現在、家づくりの真っ最中。夢を見ていていいのだろうか…とも。
でも、四季さんのいう通りすべてがストップしてしまうともっと大変なことになってしまうんですよね。日本経済が衰退していかないためにも被災に遭わなかった私たちが元気にがんばっていかないといけないんですよね。
長期に渡って、自分にできることを考えたいと思います。
● はるあおさま
記録しておきたいことはアレコレあったのですが、随分と間が空いてしまいました。
ご心配をおかけしてしまったごめんなさい。そしてありがとう!

私の地域は震度5でした。
幸い被害はなく、世間で言われている『買占め』が本当に身の回りでも起きて、不安に駆られる人が多いのだなぁと実感しました。
災害の恐ろしさや原子力の脅威をあちこちで見聞きする度に、普通に生活することさえ罪悪感を感じてしまうくらい…。
被災した方々の気持ちを想像してもしきれまません。
でも分からないなりに、寄り添っていけたら…と思っています。

はるあおさんは家作りの真っ只中なのですね。
でも家作りの経験は今しかできないのですから、夢の実現に全力を尽くしてもいいのではないでしょうか。応援します!

これからできることなどをみんなが考えていく、それが日本を良い方へ変えていくと信じて…。
初めまして
初期のころからずっとずっと訪問してきましたが、
コメントは初めてです。

私も西日本在住で、今回の震災の直接的な被害はありませんでした。
毎日テレビから流れてくる衝撃的ん映像のこと、
自粛??とは名ばかりの日本中が強制的な「委縮」雰囲気一色のこと、
毎日毎日自分の中で鬱々と悶々と考えていたのですが、
自分と同じような考えを四季さんが書かれていて
初コメしました。

私は小さい子供を抱えていて、直接被災地にボランティアには行けません。
募金はしましたが、本当に僅かばかりの金額です。

今の私にできる一番のことは、
一生懸命働いて、
税金を納めて、
国が決めた、復興への国民の負担分は快く受け入れて、
少しでも経済が活性化するように
お金を使って(贅沢じゃなく)
毎日生活することなんじゃないかな?
と思いました。

うまく言えないんですけど・・・・・・。
 
● halkanさま
はじめまして!
竣工してからと言うもの、めっきり更新頻度が落ちてしまいましたが…読んでくださってありがとうございます(^^)

今回の地震で、いろいろな場所で、いろいろな方が、いろいろな思いを抱いていますよね。
それぞれ立場も環境も違っているけれど、その中で、自分が今できることを考えていく…それが日本を良いほうへ動かす原動力になったらいいですよね。

私もhalkan さん同様、自分のできることをしていきたいと思います。

地震、電気、海、空気、大地、食べること、生きること、大切なことがいっぱい。
今まで深く考えもせず消費していたものと、ちゃんと向き合う…今の私がしなければならないことな気がしています。

私もうまく言えないです。。
でもとりあえず、やれることをやっていくしかないよね!(^^)9

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。