--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2009/12/02.Wed

阿佐ヶ谷住宅へ

築50年という歴史を持つ阿佐ヶ谷住宅へ、友人に誘われ行ってきました。
友人が阿佐ヶ谷住宅にグッときた写真はこちら → 
そして現段階での阿佐ヶ谷住宅についてはこちら → 
老朽化のため、再開発されるそうです。

阿佐ヶ谷住宅1
テラスハウスの横顔がとても印象的…。
なんて可愛いんでしょうか。
屋根の感じとか、色合いとか、風合いとか。
団地らしい壁の数字は、小さな黒いタイルの集まりなんですよ。
テラスハウスの一部を、前川國男氏が設計を手がけています。

阿佐ヶ谷住宅2
再開発のため、取り壊しが進んでいました。
私が見ても、豊かに思えた緑は、もっともっと豊かだったようです。


阿佐ヶ谷住宅15
家々の間の細い細い小道を抜けると、中くらいの小道へ。
奥へ奥へと誘われるような…曲がった小道にわくわくしました。
まるで、秘密の花園にでもづながっているようで…。

阿佐ヶ谷住宅6
待っていたのは…秘密の花園ではありませんでしたが…(笑)
そこだけスコンと抜けたような広場。
友人も私も幼い息子を連れていたので、ほとんどをこの公園内で過ごしました。
子ども達は、まるで水を得た魚のようにイキイキとしていたっけ。
大人のペースで散策をすることはできなかったけれど、ほんの少し、建物と緑と人々が織り成してきたであろう空気感に触れられたような気がしました。

阿佐ヶ谷住宅3
その団地の敷地内に立って感じたことは、住まう人にも訪れた人にも優しい空間だということ。
なくしてしまうのは勿体無い、と思わせる何かがありました。
再開発で生まれ変わっても、愛される場所であり続けたらいいですね。


阿佐ヶ谷住宅4
マットな塗り壁の質感が、とてもステキでした。
うつっていませんが、クラックが入ったり汚れが付着しています。
いい意味で、それが味になっていました。
我が家の壁も、こんな雰囲気になるといいな。
(23って数字も…いいな)

阿佐ヶ谷住宅16
50年の歴史を感じました。
確実に、老朽化は進んでいますね。
おそらく誰も住んでいないであろう建物の朽ち方は、まだ住まわれている方がいる建物よりも荒れているように感じられました。

阿佐ヶ谷住宅5
ブロックの壁にペンキ…♪

阿佐ヶ谷住宅7
ちびっこ2人を魅了していたジャングルジムと、こんもりまん丸な木。
普通なようで、普通じゃないかもしれない。
建物だけの魅力ではないですね。

ここに惹かれた友人の感覚、私は大好きです。
50年以上も前の建物なのに可愛い。
元祖、素朴で可愛い家々・・・かもしれません(^^

阿佐ヶ谷住宅8
空は青く、お出かけ日和。
お互い上の子たちが帰宅するまでの束の間の時間。
この空気感、そして友人との何気ない会話。
ご馳走でした(^-^)

トイデジにSDカードが入っていなくて、撮ったつもりの写真が見られなくてガッカリです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

web拍手
スポンサーサイト
おでかけ | Comments(4)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。