--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2009/10/15.Thu

わが家の間取り

家を建てよう!と思ってから間取りが決まるまで、自分でもいろいろ間取りを考えました。
その時、『間取り』というキーワードで、何度Google検索したことでしょう。
いろいろな方の間取りを見るのは、本当に参考になりました。

例えば、「2Fお風呂にしたいという夢があったけれど、実際のところ使い勝手はどうなの?」そんな気持ちで検索したりね。
これから家を建てたいと思っている方にとって、経験談ってすごく役立つと思うのです。
もちろん間取りが決まった今でも、家づくりのブログは参考になるし、たくさんの刺激をいただいています♪

いろいろ検索していると、外観を公開されている方に比べて、間取りを公開されている方が少ない気がしました。
このステキなお家、間取りはどうなってるの~?って思ったこともしばしば(^^;
防犯のことを考えれば、仕方ないですよね。
間取り図がなくても、と~~~っても参考になったし、お気に入りにたくさんのおうちブログが登録されています(^^

下記、すごく個人的な意見です。
悪いことを考える人にとったら、、正確な間取りが分からなくても、外観やお部屋の写真、そして生活している環境が公開されてれば、間取りを公開しようがしまいが同じことでは?
公開したことで万が一のことが起こるのは、交通事故に遭うようなもの…。
なんて…思ってしまったり。

なので、わが家の間取りを公開しますね。
少しでも、これから間取りを考える方のお役に立てればいいな…と。

(↓の写真も含めて、このブログの写真のほとんどは、クリックすると拡大表示されますよ)
20091015182443

手書きです(笑)
2F寝室(6.0j)の入り口は開き戸です。(書き忘れました)
寝室上部には、屋根裏収納(点線で囲われた部分)が約8畳分くらいあります。
入り口は廊下の天井で、梯子は格納してあるのを引き出すタイプです。
あと、2F洗面所の窓も書き忘れてました…(^^;

テーマに『可愛い』がつきますが、家のサイズも可愛いでしょ(^^
埼玉県のとある場所に、こんな間取りの家が実際に建ちますよ。


自分の記録としての意味あいが強いこのブログですが、ほんの少しの誰かにとって、ほんの少しでもお役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

web拍手
スポンサーサイト
間取り | Comments(10) | Trackback(0)
2009/10/12.Mon

図面とにらめっこ

わが家の正確な図面は省略しますが、大きな変更無く決定しております。

「そういや天井の高さってどのくらいなんだろ?」とふと思い、図面とにらめっこ。

よくよく見ると、見慣れない略語がいっぱいです。
ちょうちょリボンみたいなマーク(筋交いタスキがけ)とか、CH(天井高)とか、のび太くんの顔みたいなマーク(換気扇)とか。
略図の凡例も載っていましたが、分からないのもあって自分なりに調べてみたり。

建築面積13.75坪、述べ床面積26.75坪の小さなお家。
今回は、そんなわが家の図面から見るお話です。


【1F】
細長~い玄関土間。
土間から直リビング、そしてダイニング(合わせて13畳)
小さな吹き抜け(1畳)
半オープンなキッチン(5畳ほど)
引き戸で仕切れる小さなアトリエ(3畳ほど)
洗面(1畳)+トイレ(1畳)

リビング階段は2.48平米と書かれていました。
LDの床面積13畳に含まれているのかと思って心配だったので、良かったです(^^)v

変更点は、キッチンの窓と洗面の前にFIXの小さな縦長窓が追加されたことかな。


【2F】
主寝室(6畳)、上部が屋根裏収納(8畳くらい?)
洗面脱衣室(一坪)、お風呂(一坪)、トイレ(1畳にも満たない狭さ!)
子ども部屋(7.5畳)
ファミリークローク(一坪ちょっと)

変更点は、お風呂の浴槽の向きが変更になって、窓の位置が変わりました。
階段横の窓や洗面所の窓、子ども部屋の窓もちょっとずつ変更。

それから、子ども部屋の仕切りがなくなって、とりあえず一部屋です。
扉もなしにしたので、階段から丸見え!(笑
でもいつでも扉をつけられるように、枠だけつけていただくことに。
この子ども部屋は、勾配天井のため、高いところだと軽く4m越えています。
二部屋に分けるとそれぞれ3.75畳と狭いけれど、天井高があるおかげで圧迫感がないといいな~と思っています。


【天井高】
1Fのほとんどが、天井高2600mmでした。
これって戸建てとして高いのか低いのか分かりませんが、今の住まいの天井は2300mmなので、今より開放感あるだろうな~と楽しみになりました。

2Fは2500mmが標準のようです。
勾配天井の子ども部屋以外、全て2500mmでした。
ちなみに主寝室の押入れ(布団入れ)の天井高だけ2400mm。


【バルコニー】
合板12mm+ケイカル板12mmの上、FRP防水2PLY仕上げ。
FRP防水では、ガラス繊維で出来たマットを敷くらしいです。
で、2PLYはマットを敷く回数。
つまりわが家は、2回マットを敷くのですね。
バルコニーの内側の色は、やっぱりグレーなのでしょうか?(^^;


【シロアリ予防】(追記10月13日)
エコパウダーです。
わが家は基礎断熱(内側に断熱材を敷く)なので、基礎内は家の中扱いらしいです。
そのため、換気口はありません。
換気口から家の中にいろんな虫が入ってきちゃったらどうしようーって思っていたので、その心配はなさそう(^^


+++++++++++++++++++++++++
外観の色はまだ決定していません。
けど、外壁は白、屋根は茶色、玄関はアンティーク調の木の色になるかな~(^^)
とまあ、こんな感じ。
今回は字ばっかりでつまらなかったでしょう?ごめんなさい(><)

<おまけ>
20091013012810

砂場で遊ぶわが子達。
(買い物帰りだったので他の子に道具を借りてます)
本当はやたらと砂場道具をいっぱい持ってるの。
なので新居では、庭の片隅に小さな砂場を作れたらいいなーと思っています♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

web拍手
間取り | Comments(12) | Trackback(0)
2009/09/06.Sun

間取り(見積もり前)

初の打ち合わせは、8月30日でした。
しかも設計士の勘禄さんのご自宅で!(つまり私の友人宅なのです)

打ち合わせ前にメールなどでやりとりしていましたが、直接会ってお話するのが一番!
設計士の勘禄さんからの提案などもすんなり理解できるし、自分達の優先順位も整理しやすかったです。
ものの2~3時間で、間取りはほぼ決まりました。

もともとエクセルで作った資料を(今考えると、やりすぎなくらい希望を盛り込んだもの)をメールで送っていたので、イメージを伝えやすかったというのもあるかも!
どんなささいなことでも、設計士さんに伝えるのは、きっとムダにはならないと思います(^^

勘禄さんが、目の前でスラスラと間取り図を引く様子は、まるで魔法みたいでした。録
そうしてできた間取り図がこちら↓

20090906145540

【1階 間取りのこだわり】
 ・土間
 ・リビング階段
 ・吹き抜け
 ・アトリエ

玄関で渋滞にならないように・・・を満たしてくれるのは、玄関から続く土間!
この土間で、ちょっとした日曜大工だって子どもの夏休みの工作だってできますよ!なんて聞いて、すっかり気に入りました。
勘禄さん一押しの土間スペースなのです。

そしてわが家の1階には廊下も、玄関とリビングを隔てるドアもありません。
玄関を開けてすぐにリビングが丸見えにならないように壁はありますよ。
この壁に窓をつけようか、ニッチをつけようか、ドアノブをつけて騙し扉にしようか、考えるのが楽しそうです。

リビングへは30~40cmの段差があり、腰をかけて靴を脱いだら、そのままリビングに寝そべることだってできちゃうの♪(手は洗ったほうがいいわね。笑)
何人同時に靴を脱ぎ履きできるかしら・・・(^^

リビング階段の下部は収納。
ダイニング側の収納の奥行き浅く、側面に小さな開口部をつけてもらって階段下は奥までムダにはいたしません!
そして階段横には、一畳ほどの吹き抜けもつきますよ。

そして、小さなアトリエスペース。
ここでミシンを動かしたり、PCをしたり、子ども達が宿題をしたり、夢は広がります。
アトリエへのドアは、お気に入りの雑貨屋さんみたいな引き戸をつけたいの。
どのドアを削っても、ここのステキ引き戸だけは諦めないぞー。

20090906145542

【2階 間取りのこだわり】
 ・お風呂を二階へ
 ・家族全員の衣装をファミリークロークへ集約
 ・子ども部屋の間仕切りを引き戸に
 見積もりを出して予算があれば、ロフトも作りたいと思っています。

お風呂を二階へ・・・は、家づくりを始める前からの強い憧れでした。
メリット・デメリットを考えた上での希望です。
洗濯の動線、音や視線を気にせずに入浴、リビングを少しでも広く快適に・・・を優先した結果こうなりました。
本当はバルコニーのすぐ横に風呂&脱衣所を配置して、雨の日用のサンルーム代わりになるスペースもつけたかったけれど、この小さなお家でそれをしようとすると犠牲の方が多くて・・・。
雨の日は、洗面所と主寝室につける予定の pid に干すからいいのだ!
納得の上でのこの配置・・・なのです。
ちなみに pid はココが安いですよ→ ★ をクリック!

そして、二階洗面所で洗濯→バルコニーに干す→ファミリークロークにしまう、の流れを二階ですべて完了させたい!と言う願いが叶って嬉しい。
ファミリークロークの収納は、衣替えも含めていかに手を抜けるか!を考えなくっちゃだわ。

子ども部屋、狭いし、小さいうちは二人で1つでもいいのではないかな。
でもうちは子どもが男女なので、いづれ分けるのは確実。
だったら引き戸にすれば自由がきくし、客間としても使えるかも?!と。
浅い知恵かもしれませんね。
予算不足の場合は、この引き戸は無しの方向で・・・真っ先に減額対象となりそうです(笑)
壁なんて、なんとでもなるものなー。


私達家族のための間取り。
なんて嬉しいのでしょうね。
簡単に、(いや十分くどい??)見積もり前の間取りの紹介でした。
*後日、清書されたPDFファイルが届いたのですが、まだ本決まりではないため下書きの方をアップしました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ ←『住まいブログ』参考になります

web拍手
間取り | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。